« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月30日 (火)

息子の成長

もうすぐ2月ですね



今週は出来る限りブログを書こうと頑張ってます^^




毎日午後に時間を作って息子のアルバム作りをしています



昔ながらのフエールアルバムを従姉妹から貰っていたので



それに出産した時からのを貼っていってます




もちろんただベタベタ貼るのは息子に失礼なので



通販で写真を可愛く貼るための小道具を購入しました



クマさんや星、ハートなど様々な形が1枚にプレートされていて



そこに合わせて切って枠を作ったりしています



でもね~何故だか思うように可愛くできなくって悪戦苦闘してるんです






アタシってセンスないのね・・・・って悲しくなってます




今日で3日目なんですが少しずつ上手になってるような気はしてます



って、見本の真似を必死にしているような状態なんですけどね





そんな毎日ですが1日1ページ作れるか作れないかのペースで



頑張っています




今日体重を測ったら息子・・・・洋服きたままで9キロジャスト!



・・・・ってことはもうすぐ9キロなのよね




本当に重たくって毎日毎日よいしょって掛け声かけて抱っこしてます










070130_1008



ちょっと!!椅子からはみ出てますよ~





070124_0951



午前中は家事の合間おもちゃと遊ばせてます





が!!すぐに・・・


070124_0953




投げてしまいます




あっと言う間にこの通り^^;;;









070124_0955







070124_09542



何度乗せてもこの有様・・・もう本人も飽き飽き









そうそう、バーゲンで頭を掻く息子のため薄手のニット帽を




買ってきたんです







070125_0748






コムサで買ったんです よく赤ちゃんのマネキンが



被ってますよね




2日目の夜、私は茶碗を洗っていたんです



息子はジイジがみていて振り返ったら・・・・






070129_1825






なんと名前が!!!なぜなぜな~ぜ、どうしてなの~それが僕らの




知りたいこと~さ~♪って昔話のエンディングが流れてきましたよ




目からウロコってこのことでした!!!





『は~????なんで名前が書いてあっと?なんか貼った?』




ちょっと離れていたんでその時は名前のワッペンのようにみえたんです




でも近寄って見たらなんとマジックじゃ~ありませんか!!!







あり得ませんよ~ありえません!!







アイロンではるやつならともかくマジックだなんて・・・・



もうえらいことするよ!お父さん!!




妹にメールしました




『せっかく買った帽子に名前書かれた・・・マジックで』



と、写メールで送ったところ






『大爆笑』と一言だけ返事が・・・・






しかもまた次の日には後ろに『琉』





と書かれました






もうヤケクソです





お外には被ってでられません(泣く)









気を取り直して・・・・








2日くらい前から足先をもつようになったんです




よくこういう写真を見かけてたんでいつするのか



楽しみにしてました




でも私が写すとこんな不細工な感じになってしまいました

070128_21082









070128_21081






すんごいむちむちです(ああ恥ずかしい)







070130_10041






なんとも満足気な息子








070130_10062



このところますますまん丸になった息子(二重顎です)





お目目がとっても綺麗ですね赤ちゃんって^^





可愛いお目目をみているだけで心癒されます




でもお昼寝もちゃんとしてくれたらと思う母なのであります





| | コメント (20) | トラックバック (0)

2007年1月29日 (月)

ひろ君

今日はひろ君という子のお話をします


ひろ君とは、息子が医大に入院していた時途中から入ってきた


とっても元気印&うるさいガキんちょのことです


これまた耳鼻科で入院してきたので身体は超元気!


なので声はデカイは動くはで看護婦さんも対応に困ってました


小学校3年生だったかな

4人兄弟の末っ子で年齢も離れた子だったらしく



相当甘えん坊でわがままっこ・・・



そんなひろ君、入院3日目に手術を予定されていて


初日は一人で泊まったんですよ→これは褒めよう


ひろ君入院2日目、息子はこの日手術で昼過ぎに部屋に戻ってきました


すると任天堂DSをやって一人大興奮!!


テレビも大きい音で聞くし・・・・


もう私もムカ~ってきてました



私は3年生の男の子に対してマジ本気で注意するべき?



それとも様子をみる?


それともやんわりと言ってみる?


まるでどこかのカード会社のコマーシャルのように


トランプ仕立てのカードが出てきそうな感じでした



救いだったのがひろ君の前のベットの6年生の男の子が


やっぱりお兄ちゃんなだけあってすっごく助かったんです



一緒にDSやってて二人ともうるさかったのがピークに達した


時に堪忍袋の緒が切れて言っちゃったんです



『あの~ごめんけど・・・おばちゃんの子ね今日手術で


眠ってるのよ~   もう少し静かにしてくれる?』


そう言うと6年生の男の子はっとしたようでした


その後すっごく静かに遊んでくれて、ひろ君にもうるさい時は


『静かにしろよ!お前声でかいって』


と気を使ってくれました


それも何度も何度も・・・ありがとうね~



それでもめげないひろ君・・・・『え~なんで静かにせんばと~』


マジ本気で言ってます





その6年生の子が退院していった昼過ぎからまた大暴走!!


ついに私は口を開いた


『ひろ君!うるさいよ 琉ちゃん寝とってもっと静かに!』


『だって~退屈かも~ん』



そうねそうね、じゃ~アタシが遊んでやろうじゃんか!!



と、お絵かきしりとりをすることにしました


以前ぽかぽか地球家族?って番組だったか

地井武男さんが娘さんと昔やってたってのを見てたので


絵が得意な私は息子の眠りを邪魔されないように頑張りました



30分くらいやってたらひろ君すっかり私になつきまして


以後ものすごーく注意しやすくなったんです



あら~3年生の男の子なんてまだまだちょろいな~なんて(笑)



ベットで飛び跳ねてたら看護師さんに注意され


『え~なんで跳んだらいけんと?』というひろ君に


困り顔の看護師さん


『いくんもんね~ベットは寝るとこけんさ~』


と、注意する私に感謝の表情でした


その後まだまだ懲りないひろ君でしたが可愛いとこも


いっぱいありました



私は息子に普通に会話するんですが


例えば、『琉ちゃん寝むたかね、おねんねしようか?』


とか『お母さんトイレにいきたかさね よか?』


など様々でそれを聞いたひろ君


『そがん普通に喋っても赤ちゃんわからんさ~』


とカーテン越しに言ってきました


じゃあどう話せばいいのか・・・・





『もう寝むたかでちゅか?ねむねむちまちゅか?』


『mama はトイレに行きたかでちゅ よかでちゅか?』









これなら通じるとでも思っているんだろうか・・・謎である









お見舞いにきたうちのお父さんが赤いマグカップ(ネスカフェの景品)


を同室の子供達にあげていたけど、そんなの喜ばないだろ?


と、思っていたらひろ君秘かに嬉しかったらしく


次の日のお昼お茶を汲みにきていた看護師さんが別の


紙コップに注いだのを見て


『あ~!!!!こいじゃなかて~違うて~も~!!!』


と、怒ってたんです


私は赤いコップに注いでもらいたかったとか知らなかったから


『どいでんよかやん~』と言ってしまったんです



後からひろ君のお母さんが『赤いカップが嬉しかったみたいで


これで飲むってはりきってたんですよ


うちはすぐ退院するから紙コップで飲んでたから・・・・』



予定では息子より遅く退院する予定だったひろ君でしたが


この元気のよさで通院に切り替わり急に退院することに!


『ひろ君のおらんごとなっぎ寂しかろ?』


ってしきりに聞いてきてました^^;;;



『うん、さみしかけど静かになっけん嬉か~』


と言うと『なっっ・・・(苦笑)』って笑ってました



最後に見送ろうと思ってたのにひろ君ったらさっさと



病室を出て行ってしまってお母さんが困ったように


挨拶されていました


最近の子供って恐いって思ってたけど


ひろ君は田舎の元気な可愛い男の子でした



入院中の子の中でも本当に印象に残る子だったな~^^



大きくなってグレるなよっひろ君♪


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月26日 (金)

今月17日で・・・

今月の17日で息子6ヶ月になりました~~~~~


パチパチパチB05_3



070102_1037_1



曾バアバと曾孫の2ショット




もう6ヶ月にもなるんですよね 


赤ん坊ってどうしてこんなに早く成長しちゃうんでしょうか



こんなに月日があっと言う間に過ぎるのも


人生のうちでも1番マッハな感じがします


自分のことなど構う暇もないからでしょうね




息子が最近変わったことは・・・・



ついに人見知りをするようになったこと!!



これは数日前に曾お婆ちゃんが曾孫の顔を見に


来た時に気付いたことでした


じ~~~~~~~~っと見つめていたかと思うと


ひっく、ひっくと泣き出し終いには号泣



家族みんなもちょっと驚きました



ちょっと帰省していた妹なんかもたまに来て顔出す


のに危機感を感じているようでした


しきりに『ネーネを忘れたらいかんよ~』と言ってました









忘れるに決まってますAicon360_5







曾お婆ちゃんはたまたまだろうと思っていたところ



週に3回お婆ちゃんにご飯を持ってくる叔母さんに会わせたら



最初抱っこしてもらって次に私が受け取った後


叔母さんを見て急に号泣しだして泣き止むまでに


5分は掛かったんじゃないかな


あんまり泣かない子だったのにな~





さて今朝は珍しく朝からお散歩にいきました


と、言うのももうすぐひな祭り


佐賀のとある通りで毎年お雛様が飾られるんですよ


そのちょっと前に何かイベントがあるようでそれの初日だったんです


行ってみると何やらテープカットがあってて誰か歌ったりしてます


元銀行だった古民家では、なんとハーレーダビットソンが!!!!!


3台くらい並んでました


製造費1億円でガードマン24時間警備だそうです



その横にはいろんな手作りの作品が展示販売されていました


可愛かったです


息子にハーレーを見せて帰ってきたんですが


途中で曾お婆ちゃんが回覧板を向こうとなりの家に持って


行き帰ってくるとこに遭遇!!!


いつもの手押し車もないじゃんか~!!!!


危険極まりない


それでベビーカーを押させて帰ってきました


帰ってきてから私の頭の中では息子にお白湯を飲ます!


ってあったので急いでたんですが曾お婆ちゃんたらなかなか


お家の玄関に入ってくれないし遊びに来いの一点張り


すると息子がぐずりだしたのでようやく裏の家に帰れました


その後息子わんわん泣いて10分くらい興奮気味・・・・



ちょっといろんな物を見せすぎたかな?



夕方には近くのお惣菜屋さん(いつもお婆ちゃんのお昼のお弁当を


頼んでます)が来られて、地鳥のお汁をわざわざ持ってきてくれました


その時に息子初お披露目で最初に



『数日前から人見知りしだしちゃって・・・泣きます、たぶん・・・』



と言っておいたから良かったものの、息子やはり号泣してました




でも、よくよく考えてみると午前中のお散歩でイベントの



若い可愛いお姉さんのあやされていた息子は絶対に泣かなかった!!




しかも笑ってた・・・・








なんとも恐ろしい・・・半年の赤子が若いと中年老婆を見分けているとは



末恐ろしいです





それを家族に言うと逆に孫を褒める私の両親・・・・




見分ける能力に優れているんだ~って



ちょっと呆れます




私自身は親が望むような結婚はできなかったけど、




最近は孫を産んだことで両親を喜ばせることができて


良かったなって思います



前世とか現世来世があるとしたら息子は私の前世の夫では


ないかと思ったりもします



だから私は現世では一生をそいとげる相手に縁がなくって



息子が生まれたことによって一生家族という絆で結ばれて


そして私はこの世を去るのかなって・・・・



もちろん息子は現世でお嫁さんをもらってまた新たな家族を


築いていくと思うし私はそれできっと幸せなんだろうなって



最近では息子を見て自分にそっくりでもあるせいか



昔にも会ったことある?って気がしています



ああ!!本当に変な話になっちゃいましたけど



別に変な宗教とかやってませんから><;;;



ただ出産して新しい生命を自分が産めたことに感謝してたり



生命の神秘を日々感じるにあたって



何かしら家族になった縁を感じるって話しなんですよ





そんなこと考えたりする今日この頃です


















| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年1月13日 (土)

手術当日

もう・・・PCの前に座るのって至難の業なのね


・・・・って、最近思います


なので一揆に手術の話しを片付けとこうって思いました

はあ~(ため息)




手術の前夜というか翌日の午前2時までに最後の


ミルク、そして午前4時までに最後のお茶、ポカリ系を飲ませてもいい


と、なっていたので必死に起こし(周りに構ってられん!!)


飲ませても息子寝ぼけていてミルクは100ml、お茶系はほんの少し


しか飲まなかったんです



ちょっと心配な私・・・この腹空かせ王子が耐えられるであろうか


なんと哺乳瓶の乳首が入院当日から普通のタイプから


ストロータイプに変えなくちゃならなくって、そのお蔭で400グラムも


痩せちゃったんです。。。うちの子



ああ、この飲むのが生きがいのような息子がストローのせいで


半分も飲めない生活をして1週間を過ごしたもんだから


結果ダイエットに?成功してしまったんですね


しかしながら退院後リバウンドのため凄い食欲ですでに


体重はうなぎのぼりのためご心配はいりませんが><




朝8時ちょっと前に担当の先生や看護師さんに手術室に向かうため


お迎えがきました

061219_07341


術衣姿の息子

注:アフロ犬ではありません


私が抱っこしながら3階までエレベーターで上って手術室の前まできました



ガーっと自動ドアが開くとそこには多くの手術を待つ看護師さんや助手、先生方


麻酔の先生などお待ち構えで、ちょっと圧倒されました



『宜しくおねがいします!!琉ちゃん頑張ってね』


ちょっと声がうわずりながらしっかりと麻酔科の先生へ手渡しました


私と母と妹が待合室に1番のりでした


パンやコーヒーを戴きながら3時間が過ぎました


担当の先生は3時間って言ったからもうすぐだねって結構余裕


でも30分が過ぎ40分が過ぎ50分になってもお迎えがきません


終わった家族にはお迎えが来て一緒にお部屋に戻るので



他の多くの家族が私達を置いて去っていきました


もう部屋にはポツンポツンと数名


そしてきっかり4時間が過ぎた頃先生が走って真面目な顔で


やってきました


え~@@;;;先生まさかまさかでしょう?????



と思いながら立ち上がると


『終わりました!!どうぞこちらへ』


なんだ~先生もっと笑顔で来なさいってば~



と思い手術室へ


先生のこわばった顔の理由がようやく判明!!


息子大号泣!!!!!!



まだ下っ端の若い先生なので泣いているから早く呼びに行ってこい


とでも言われたんでしょうね


かわいそうに・・・・



息子の顔を見るとなんだか違和感


ちょっと変わったよね


むうううう・・・かなり変わった?



う~~~ん、あんまり変わってないような、


そんな色んな思いとはうらはらに息子の泣いている顔を見ながら


抱っこしたらこっちも涙が溢れてしまいました(笑)


泣く息子も可愛くって可愛くって



病室に戻ったら点滴を打たれながらぐっすり眠ってしまいました


本当に終わったんだな~って思った瞬間でした

061219_1426


抑制器具をつけられて眠る息子




061219_1434


まだ痛いたしそうな手術後




061223_1327


苺ちゃんにしてみました




061224_0855


抑制器具をつけても顔を触るのでTシャツでくるみました



061228_11591

そして現在やく1ヶ月弱でほぼ綺麗に・・・


テープを毎日貼ってます


070101_1158_1


もうすっかりご機嫌なお正月を過ごしてました


070108_1815_1


遊び場も作ってしまいました


いまいちなノリの息子




070109_15451



こんなに笑顔も見せてくれます


070110_0903_1


しかしつまんない時の顔は非常に不細工


070110_0906


これが今一番好きな写真です

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2007年1月 3日 (水)

入院の付き添い生活

入院の付き添い・・・って私生まれて初めての経験でした


あ・・・お婆ちゃんの時夜寝るだけならあったっけ


私の毎日と言えば朝息子にミルクを飲ませ7:30


BSの芋たこなんきんを観ながら朝食(売店の菓子パンに飲み物)


午前中は担当医の先生が来て健康状態をチェックされます


ので、その前にお着替え・・・化粧?全くしませんでした^^;;;


入院中2週間化粧なんてしなかった私


(本当はノーメイクに耐えられるような素顔ではありません)


眉が立派なのでなんとかなってるかな?と思ってました


でもきっと口腔外科の先生達はしんどかったでしょうね~



11時頃になると売店のお弁当類が出揃うのでお買い物へ


その時は息子、隣のYちゃんママに頼むか眠っている間に行きました


起きていてもまだ寝返りもうてないひよっ子なので安心でした



売店で買うものはお弁当、翌日の朝ごはん、グリコのごろっとグレープフルーツ


が入ったゼリー(150円高っ)

野菜ジュースやヨーグルトなどを買いました


夜のお弁当もたまに買いました


家から毎日来てくれてもご飯のことはあまり構ってくれなくって


途中かなり便秘気味になってしまい、母が慌てて何か作って


くれるようになりました


デリケートなので?家以外のトイレで大を出すのはかなり苦手・・・


それと食生活のバランスが悪いために毎日素晴らしいお通じ


のこの私が3日から4日でないのが普通に・・・恐ろしい><


この便秘は退院してからも長く尾を引き今も1日飛ばしは当たり前に


そのため硬い硬~いのが蓋をしている感じでなかなかでません


本当に不健康になりました


とほほ・・・・



午後になると息子のお風呂の順番を待って入れに行きました


そのベビーバスの入れにくいことと言ったら・・・・


毎日ひーこら言って入れてました


夕方の5時になると付き添いの大人がお風呂の順番を


ボードに書くことができるので一斉に廊下を小走りする母達が・・・・


私も負けじと走りました


母達の入浴時間は20分!もちろんシャワーオンリー!


私は1度だけ手術が終わった翌日どうしても身体の疲れを癒したいがために


それとゆっくりトイレに行きたい思いで実家に数時間戻りました


湯船が有難かったです(涙)


夜ご飯を食べたら後はお風呂それから就寝・・・


しかしどうしても乾燥する病室、喉が渇く


そして水を飲むためトイレにも行きたくなる

小児病棟は9時に消灯で廊下は暗いしトイレは人が入ると

数秒遅れで電気がつくのでちょっと不気味


電気がついていて人が入ってないのもちょっと不気味・・・


人が入っていない時は消えていると知っているのについノックを


してしまう自分に『いるわけないやん、ノック返されたら逆に恐いやん』


と毎度同じ突っ込みをしながら入る私→寝ぼけている


そんな同じような付き添い生活が2週間も続きました


まだまだ話は続きますが今日はこのへんで・・・・


061219_0717



| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年1月 1日 (月)

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます

今年もどうぞ宜しくお願いいたします^^



皆様、どんなお正月をお過ごしですか?

私はお屠蘇を飲みご馳走を食べお墓参りをしました


三社参りはまだです

外は雨が降り出しました


佐賀県はお正月の1日は晴れることが多いです


でも今年は曇りでしたね


晴れ男の琉大を眠っていてお墓参りに連れて

行かなかったからかな・・・・^^;;;

去年を振り返ったらいろんなことがあったけど


1番に自分の出産が思い出に残ってますね


当たり前かな・・・



そして息子の口唇顎裂の手術!!


これも待ち長く年末ギリギリまで延びて本当に家族も


大変でした


その入院のときのことについて書いていこうと思います



まだ4ヶ月の息子は手術の1週間前に入院をしました


入院当日は心電図をとったり、胸のレントゲンを撮りました


そして午後1時相部屋に通され4床ある部屋の2組の母子と


ご挨拶しました


1組は4歳の男の子とお母さん(40過ぎ?)、もう1組は2ヶ月半の赤ちゃん(女の子)


とそのお母さん(33歳)でした


同じ赤ちゃんを持つ同士横のベットになり私はホッとしました


やっぱり慣れない環境で息子が夜泣き(普段はしない)とか


術後に迷惑をかけるかもしれないと思っていたから・・・


しかし琉大はあんまり泣かないので病院でも夜泣き殆ど無かったです


2ヶ月半の赤ちゃんはYちゃんと言って本当に小さかったです


もうすぐ琉大が5ヶ月になると言うと


『ああ、5ヶ月になったらそんなにしっかりするんだ~Yちゃん


早く大きくなろうね^^』と、Yちゃんママ


『だめだめ!!この子はミルクで育ったから大きいんです


こんなに大きくなったら駄目ですよ^^;;;』


でも小さいYちゃんのママは大きい方が羨ましかったようです


やっぱり母親って大きければそれに悩み小さければそれに悩む


そんなものなんですね~^^;;;



さてYちゃんは何故入院しているのかとても気になった私


でもこちらから聞くのは失礼かと思い


『うちの子は口唇顎裂と言って口が裂けて生まれたんです


その手術をするために入院したんですよ』と先に報告


するとYちゃんママは


『うちは数日前に血便をだして入院したんです


今検査で原因を調べてるとこなんですよ』


『血便・・・恐かったですね、私もそんなの出された日には


慌ててしまうかも・・・』


『そうなんです・・・恐かったです』



そんな会話をしながら私とYちゃんママはとっても仲良くなっていました



聞けば年齢も近くって初めての子

出産なんかの話もお互いにして話は弾む弾む!!



もう一人4才の子のママさんは何度もこの病院に入院しているので


ものすごーく付き添いの極意をご存知でいろいろ教えて頂きました!!


まずシャワーの出が悪いと言えばベビーバスの方のシャワーが


出がいいことや、カーテン付きの部屋がいいと入院前に言えば


そうしてもらえるなど・・・・いろんな裏技を聞きました


私もこの先何度か付き添いをするからすっごく勉強になりました


それと可笑しかったのが、シャンプーや乳液、歯磨き粉にいたるまで


そのお母さんと私が使っているものが同じだったんです


すごい偶然!!てか本当にすごい!!


実はものすごく似ているのかも??とお互い思ったようでした(笑)


そのお母さんは私が水曜日に入院して土曜日には退院されました


そして残った私とYちゃんママ・・・・



Yちゃんのほうも順調に回復して次の日の日曜日にしぶしぶ


退院されました


なぜ渋々かと言うと、血便の原因がいまひとつわからなかったからでした


おっぱいをあげる時に赤ちゃんが乳首を傷つけて


そこから黄色ぶどう球菌が発生して血便がでたのではないか?


先生から『・・・?』と曖昧な感じの結果を聞かされたので


心配で家に帰りたくなかったらしいんです


また血便がでたら・・・そう思うと恐かったそうです


でも入院していたらノロウイルスやインフルエンザの子の菌を


もらうこともありうるので退院できるならしたほうがいい


そう言われ思い直し退院していきました


私はとっても不安に思っていた入院生活がこのYちゃんママの


存在によってとっても楽しくすごせていたので退院しないで~!!


と心の中で・・・いや実際口にもしてしまいました(笑)


最後の夜に私とYちゃんママはいろんな話しを夜中までして


翌日へろへろになりました



でもとっても楽しかったな♪


Yちゃんママとはメールの交換もして今も仲良くしています


私と琉大の入院生活はまだまだ続きます


でも今日はここまで・・・・おやすみなさい


061218_1029


入院中の琉大(まだ手術前です)





| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »