« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月30日 (土)

ありがとうございまーす

           コメントを頂いた皆様へ





更新2日目にしてたくさんのコメントを書いてもらって本当にびっくりしました


ありがとうございます!!!!!


一人一人にコメントを書きたいところなんですが、

この年末でなかなかPCの前に座ることができなくって・・・



本当にごめんなさい><;;;


息子も手術頑張ってくれてこれで安心してお正月が迎えられます


 これで手術が全て終わったわけではないんですが


また成長にしたがって手術をすることになります



でも次は1歳半以降なので少しの間はほっとできます^^



退院してからの息子は病院で飲めなかった分を

取り返すが如くミルクを今までよりたくさん

飲むようになりました



17日で5ヶ月を迎えたので増やしてみたところ

それでも足りなさそうです


食欲が戻ってくれて母は嬉しいけれど。。。


また急にでかくなるんじゃないの?!と恐々ですーー;;;


お正月にゆっくり更新できたらと思っています


また来年もよろしくお願いしまーす


本当にありがとうございました

061223_13411


術後クリスマスを病院で迎えました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月28日 (木)

帰ってきました

無事に手術も終わって帰って参りました!!

12月13日(水)に入院しました

その週には検査や哺乳瓶の乳首を変えて飲む練習を兼ねて

1日1日を過ごしました


そして迎えた12月19日(火)手術の日


無事に終え帰還した息子・・・・やっぱり号泣


でも立派に頑張ってくれました


おいおい入院先での出来事また可笑しかったことなど書いていきます


まずは手術が無事に終わったご報告まで・・・


ご心配してくださった方々ありがとうございました^^


息子こんなに可愛いお顔になりました


嗚呼・・・凛々しい^^;;;


_












| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年12月 4日 (月)

耳鼻科デビュー

息子がついに耳鼻咽喉科デビューをしました

まず、息子はアトピーの気があるらしく頭や耳、顔と寝ている間

そして寝起き時にかいかいかいかい掻いてます

そのかいかいを毎夜毎夜両手で押さえて眠る私・・・熟睡不可能

最近は寒いので両手をだしてもいいようにフリースまで着用します


息子は毎日耳に黄色い瘡蓋ができていて、以前助産婦さんに相談

したところオリーブオイルで取るよう教えられ頑張ってました

しかし毎日毎日でいい加減おかしいなとは思ってたんですよ

それなのに私ったら病院に行くまでもないのかと思ってたんです

でもある朝のこと・・・・


耳の中が黄色い瘡蓋(かさぶた)ではなく何か汁がでたような色の

黄色黄緑のような瘡蓋が耳の奥から全体に広がってました

耳の皮膚を思いっきり掻いたからでしょう

息子の手には毎晩手袋をはめてたんですが、それでも掻けば

摩擦で赤くなってました

きっと夜中にかいかい物凄くやっちゃったんでしょうね

思い切って耳鼻科に行きました

先生によると耳の中に細菌が入ったようで毎日でも来てください

とのこと・・・・毎日(ひえ~)

でももっと早く病院に連れてきてさえいればこんなことにはならなかった

だから毎日来て息子の耳のお掃除してもらわなくては!!と思い反省

いい具合に妹が居たので一緒に通いました

もう帰ってしまったので金曜日は母といきました

一緒に息子の頑張りを見るのかと思いきや『見れないかわいそすぎて』

なんて言ってさ一緒に入ってくれませんでした


金曜日は2時半から韓国ドラマ『ごめん愛してる』の放送日


え?佐賀、九州だけ?


でも息子の病院通いで録画するのを忘れた私

かなりブルーになってしまいました

このドラマと春のワルツを生きがいにしてるのにぃ~~~~~

そのショックのため今日のお昼からBSでごめん愛してるの最終章が放送されている

のを知ってついつい見てしまったんです(バカバカ私)

それで民放でまだ3話くらいしか見てないのにいきなり

最終章を見終わってしまいました

こんなに飛んで見てしまった韓国ドラマ初めてです

でも結末は分かっても毎週金曜日のお楽しみは変わりません!!


私の話しも飛びましたね^^;;;

息子の耳!かなりよくなってもうつるっつるです

明日月曜日また行けば終わりそうな気がしますBoyasumi_1

061202_0925

| | コメント (19) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »